画廊のとなり

画廊のとなりに住んでいる僕が、知りたいこと、知っておどろいたこと、知ってることをいろいろまとめていくブログ。

雪の日でも自転車通勤したぼくがお勧めする冬の最強装備!

f:id:minisorari:20180202134252j:plain

電車、バス全部遅れたり止まったりして、ニュースでは「首都機能がマヒ」なんて言われた先週の大雪から融けない雪がある中さらに今日また、雪が降りました。

雪の日に自転車で通勤するメリット

メリットなんてあるの?なんて聞く人もいるだろうけど、けっこーあるよ。

 

  1. 待たなくて良い
  2. 汚れない(コケなければね)
  3. 着いたときにはカラダがあったまってる
  4. 冬の最強装備!3つピックアップ!

 

待たなくて良い

これは圧倒的なメリットだと思う。だって入場制限かかったんだぜ?それってつまり寒い中、屋外に傘持って突っ立ってるってこと。目的地に向かって1mmも進んでないのにただ寒い中手ぶくろ外してTwitterをみて各路線の運行状況なんかを見るんだ。意味ある?

それに予定に遅れるってのは会社や相手に言っていたとしても、ストレスだ。

 

汚れない(コケなければね) 

当たり前だけど、コケなければ汚れない。タイヤから飛び散る雪で汚れるだろうが!という人はたぶん雪の中飛ばしすぎだ。ケガするぞ。

雪が降ってたとしても払えば落ちるので、雨なんかの時よりよっぽど汚れない。普段走ってる道も別のコースを走ってるみたいで、すごく楽しいよ。

 

雪道でお勧めするのはファットバイクだけど、毎日の足にしたらインパクトありすぎだろう。

その点、僕の41Cのクロスチェックは良い感じだ。本当はディスクブレーキだったら最高だけど、飛ばしたりしない僕にはまあ十分な感じだと思う(脱線)。

 

着いた時にはあったまってる

これって当たり前なんだけど、盲点だった。漕いでるからあったまってるんだ。着いた時。歩いてる時より早くついて、あったまってる。最高じゃないか?

入場規制で冷え切っている同僚たちのためにもサッと出勤して冷え切ったオフィスでクールダウン。オフィスがあったまる頃には上がった体温も適温だ。

 

さて、メリットはだいたいわかってもらえたと思うので、本題。

冬の最強装備!今回は3つピックアップしてみた

今年はもう雪が降るようなことはないかもしれないけど。もし降ったら参考にしてくれたら嬉しい。

 メリノウールのインナー

(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール EXP.ラウンドネックシャツ Men's 1107581 BK ブラック S

(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール EXP.ラウンドネックシャツ Men's 1107581 BK ブラック S

 
(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール L.W.タイツ Men's 1107267 BK ブラック L

(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール L.W.タイツ Men's 1107267 BK ブラック L

 

メリノウールの肌ざわりのよさと機能の高さは登山道具でも折紙付きだから説明はいらないよね。で、モンベルは価格も控えめなところが推しポイント。これを着るとヒートテックには戻れない。気をつけてね。 

 全天候対応のグローブ

(モンベル)mont-bell Outdryサイクルグローブ 1130353 BK ブラック S

(モンベル)mont-bell Outdryサイクルグローブ 1130353 BK ブラック S

 

負荷がかかるところにクッションがついてるこのグローブはちょっとお気に入り。一回破れてしまったけど、リピートしてる。

 雪が降っているならこれもおすすめ 

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE ゴアテックスハット NN01605 OL オリーブ M

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE ゴアテックスハット NN01605 OL オリーブ M

 

僕が使っているのは別のアウトドアハットにBORED WRを吹き付けて防水仕様にしたものだ。つば広帽は雪の降る道を走るのにとてもいい装備だ。

普通のキャップタイプでも視野は確保できそうだけど、耳が隠れるようなデザインじゃないと耳が痛くて楽しめないからね。そういうデザインのキャップは意外と融けた雪が垂れて背中に…なんて事になったり、気にいるものがなかったりするから、鉄板のノースフェイスをおすすめする。フェスにも持っていけるし、悪くないチョイスだと思うよ。 

iroiroshiritai.hatenablog.com

 雪道でも自転車!というふつうの人にらちょっと驚きな記事だったかもしれないけど、最後まで読んでくれてありがとう。また読んでみてね。