読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画廊のとなり

画廊のとなりに住んでいる僕が、知りたいこと、知っておどろいたこと、知ってることをいろいろまとめていくブログ。

アウトドア派にオススメ!最強!高耐久防水・撥水スプレー BORED VITAL WR(Water Resist)!

outdoor tips

 桜も散って、初夏を感じる日もちらほら。次にくるのは、梅雨!

カッパで毎日出かけるのも嫌だなあ。と思う日々です。そんな憂鬱な季節を迎える前にお勧めしたいのが防水・撥水スプレー。いい防水・撥水スプレーはないかな?とアンテナを張っていたら気になるものがあったので、いろいろネット情報を集めて買ってみることにしました。

 ど定番

 この防水スプレーはスエードの靴とかを買った時に一緒に購入したもので、比較的どこでも手に入りやすく、重宝している。今回は、これを基準に性能が上かどうかで購入の価値があるかどうかが判断しようと思う。

 

「防水スプレー」と検索ワードで探しながらネットの海をザッピングしてみました。ここで急浮上してきたのが BORED WR(Water Resist)、この動画をみて驚いた。

www.youtube.com

 

BORED WR 驚愕の撥水性能!csndiary.wordpress.com

https://csndiary.files.wordpress.com/2015/10/bored-wr-16_r.jpg

今回はティッシュにWRをスプレーし、撥水力があるのか試してみました。まずはWRをスプレーせず、普通の状態での実験です。 

(中略)

水はティッシュに(!)染みこまず、水たまりとなっています。

その次はこの記事の記述と写真にびっくりして、脳内会議の結果、じゃあこれを試してみよう!ということとなりました。

 この高耐久防水・撥水スプレーのメーカー、BORED(ボアード)からしてよく知らないのでちょっと調べてみました。

 

BORED(ボアード)とは?

ホームページを見る限り高性能オイルのMETHODとアウトドア製品VITALのラインナップを持っている日本のメーカーで、METHODは低粘度〜高粘度の極圧グリスが主力製品のようで、自転車屋さん界隈ではこれを使えば間違いない!という謎の信頼性を獲得しています。

fs-nakahara.shop-pro.jp

極圧って?

どうやら信頼を勝ち取っているのはこの極圧性能の高さだということが分かったので、極圧ってなんだ?と思いつつ調べてみました。ちょうどYAHOO!知恵袋にあったのでリンクを貼っておきますね。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

平たく言うと、ベアリングと受け軸の金属が直接当たるまでにかかる重量のことで、BOREDのグリスはなんと!1000kgの重量をかけないとベアリングが金属面に当たらない!という超超耐重量設計のグリスを作っているメーカーということになります。

当たらないから磨耗しない!という超超寿命化も夢ではないグリス!自転車用なのに1000kgて…日本のメーカーさんはいちいちオーバースペック過ぎやしませんかね。でも、それだけタフだと自転車屋さん界隈からの支持率の高さも納得です。

 

アウトドアブランドのVITALのおそらく主力と言われるであろうWRをみてみましょう。

他にも虫除けと除菌消臭ミストがあります。

 でもね、僕、冒頭の動画にはちょっと疑問を持ってもいるんです。

だって、水の勢いありすぎじゃないですか?弾くのはすごい、すごいけど、そりゃ普通の防水スプレーでもあんだけの勢いなら散るんではないか?とね。

人柱になろう

 僕すっごいお気に入りのウィンドブレイカーがあるんですよ。でも最近ヘタってきてまして、もう待った無し。だからって靴用の防水ミストではいかんと思ってまして、買うことに決めました。

www.youtube.com

この動画でもウィンドブレーカーに使ってたのが決め手でした。

それに、です。これ、洗濯しても落ちない!という触れ込みでして!買ってみたわけです。ちなみに検証動画もあげておきますね。

https://www.instagram.com/p/BEubon5v8xL/

#BORED #WR #waterresist #vitalpro

やっぱりあんまりペットボトルでバシャーっとかけても勢いで流れるだけでしょう、と思ったので、実験は霧吹きでいこうと思います。いきなりウィンドブレーカーは怖かったので、かる〜くかけておいたリュックにしてみました。

#vitalpro #WR #waterresist #BORED

表面がざらついているので、小さい水滴は残ってしまいますが、粒がある程度のサイズになるとコロコロと転がっていくのがわかります。

靴用に比べると化繊や帆布の製品にも使えて汎用性が高いので、買ってよかったな〜と思っています。洗っても落ちない理由はこの撥水作用を発揮する成分の形状が鈎状になっていて、繊維に引っかかるからのようです。ゆえに、高圧洗浄とかすると取れる可能性があるので調子に乗って高圧洗浄機等で実験しないようにしましょう。

 

個人的には量を気にしないで使えるPROSIZEがおすすめです。あー、がんばったー。