読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画廊のとなり

画廊のとなりに住んでいる僕が、知りたいこと、知っておどろいたこと、知ってることをいろいろまとめていくブログ。

『クリエイティブな時間をつくる』美味しくて素敵な時間をつくるオススメの道具5選

 

f:id:minisorari:20160115234012p:plain

以前書いた記事、地味に見ていただいているようです。うれしい。

と同時にみんな素敵な時間をすごしたいのだなあ、と。

 

iroiroshiritai.hatenablog.com

 はてなスターとかなんの意味があるのか?って思ってたけど、つくとすごくうれしかった。 

それはさておいて、この記事で訴えたかったクリエイティブな時間は作れる。の部分。

今回はそんなクリエイティブな時間をつくる道具を5つご紹介します。

はいドーン。

 

  • 大きなテーブル

f:id:minisorari:20160115220044p:plainf:id:minisorari:20160115220439p:plain

f:id:minisorari:20160115220405p:plainf:id:minisorari:20160115215730p:plainf:id:minisorari:20160115220417p:plain

 大きなテーブルには無限の可能性がある。何かを考えるとき、邪魔をするのはごちゃごちゃと整わない部屋や騒音、人の話し声だったりする。(だから外食に逃げてしまったりするのだけれど…)

カフェの難しいところはテーブルが小さいことがよくあることだ。小さいテーブルはクリエイティブなことをするには向かない。

何も置かれていない大きなテーブルは余裕をあたえてくれる。何を置くのも自由だし、これから取り組むための道具を広げることもできる。

 

 広がりを感じるテーブルは私たちのクリエイティブな部分を自由に伸ばしてくれるホームグラウンドになる。

 

  • 作業スペースと区切れるお盆

f:id:minisorari:20160115225045p:plain

さて、大きなテーブルでなにか始めるとき、くつろぐとき、そこにはコーヒーがある。あなたにとっては紅茶かもしれないし、また別の人にとっては緑茶かもしれない。

そういった茶器をテーブルにおくとき、茶器と道具が混ざらないよう作業スペースとは別に区切れるものは大切だ。手を伸ばしたところに取りたいものがあることと同じだ。

脳は住み分けされていないと混乱するし、意外とストレスを感じる。

 

東屋 TANKER2 アルミニウム お盆

東屋 TANKER2 アルミニウム お盆

 

東屋 (あづまや) / TANKER2

 

  • お湯の冷めないポット

立ち上がらずに手を伸ばしたところに 必要なものがある環境は集中するのに最適の環境だ。温かいお湯がそこにある。そういう安心感は想像力を後押しする。

オススメは敢えて小さめの容量にすることだ。取り回しもいいし、小休止にヤカンを火にかける作業は立派な気分転換になる。

f:id:minisorari:20160115224836p:plain

サーモス ステンレスポット 1.0L クリアブラウン THV-1000 CBW

サーモス ステンレスポット 1.0L クリアブラウン THV-1000 CBW

 

 

  • 急須、プレス、ティーポット

f:id:minisorari:20160115225701p:plain

お気に入りの道具で入れるコーヒーは特別な一杯になる。香りはもちろんコーヒーが入るまでのプロセスまで楽しめる。楽しむことは発想力を刺激する。

 ちなみにフィルター掃除をするのは面倒なので、ペーパーレスをオススメする。  僕はひとりのときはカップに直に淹れてしまうが、二人のときはカラフェかコーヒーサーバーがあるといい感じだ。もちろんさっき紹介したポットに淹れておいても良い。

ハリオ カフェオール ドリッパー 02 1~4人用 ブラック CFOD-02B

ハリオ カフェオール ドリッパー 02 1~4人用 ブラック CFOD-02B

 

 

ハリオ V60 コーヒーサーバ 700ml VCS-02B

ハリオ V60 コーヒーサーバ 700ml VCS-02B

 

 

キントー コーヒーカラフェセット SCS-04-CC 600ml 27621

キントー コーヒーカラフェセット SCS-04-CC 600ml 27621

 

 

  • タンブラー 、カップアンドソーサー

 お気に入りの道具で飲むコーヒーは格別だ。純粋にコーヒーを楽しむときは当たり口の良さでより気持ちの良いリラックスタイムを演出してくれるし、集中したい時は気配を消して見守ってくれる相棒になる。 

そんなにたくさん飲むわけではないけど、大切にしたいと思える道具はなかなか壊れないし、「あれを使いたい」と思える道具は自然と自分をテーブルに連れて行ってくれる。そんな道具を探すのもまた素敵な時間だと思う。

 

東屋 / 猿山 修 珈琲カップ&ソーサー 約120ml

東屋 / 猿山 修 珈琲カップ&ソーサー 約120ml

 

 

「良い靴は素敵な場所へ連れて行ってくれる」ではありませんが、良い道具は素敵な気持ちにさせてくれます。なかなか外に足が向かない季節、クリエイティブな時間に連れて行ってくれる道具を探してみるのはどうでしょう。

 

 参考リンク

matome.naver.jp

cafy.jp

 

こんな記事もあります

iroiroshiritai.hatenablog.com

  

iroiroshiritai.hatenablog.com