画廊のとなり

画廊のとなりに住んでいる僕が、知りたいこと、知っておどろいたこと、知ってることをいろいろまとめていくブログ。

ライフステージが変わるたびに必要なカバンは変わるし、必要な機能のないカバンではちょっと困るという話

ライフステージと持ち物

 財布が変わったり、携帯が変わったり、住んでる部屋が変わったり、そうこうしていくうちに結婚したりして、子供が生まれて、いつの間にか10年近く社会人をやっていて…と驚くほど簡単にライフステージは結構進行していた。びっくりだ。

休日散歩

休日はたいてい小さなショルダーバックに財布と携帯を入れて自転車に乗って出かけるっていうことを繰り返していた。小さなショルダーバックには小さなデジカメを入れて出かけた。ミラーレスとはいえ、一眼で撮った写真は家に帰ってから見返すとハッとするものがあったりして、休日を振り返るのが楽しかった。

レンズは色ノリに惚れたContax G biogon 28mmをレンズアダプターを噛ませて使っていた。換算45mmの標準的な画角で、さすがというべきか、フランジバックの短いレンズは歪みもなく現代的な映りでありながらこってりとした色ノリで気持ちよかった。

ピントは手でやっていたが、NEXのピーピング機能でサポートしてくれるので、それほど神経質にシャッターをきることはならなかった。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α NEX-5  ダブルズームレンズキットE16mm F2.8+E18-55mm F3.5-5.6  OSS付属 ブラック NEX-5D/B
 

無人島のガイド

小さな島を探検する小学生向けのツアーをやっていた。 その時も同じ小さなショルダーバックにデジカメ、電池切れのしにくいガラケー。ファイアスターター。タクティカルライト。蒔をくくったり、着火するための麻紐をまとめたもの。あとはアメ玉を少々。

 

麻紐3.5mm 50m

麻紐3.5mm 50m

 
パイン パインアメ 1kg

パイン パインアメ 1kg

 

 飲み歩いていた時 

飲み歩くのに必要なのは財布と携帯だけなので、とくに何も持ち歩いたりしなかった。カバンも、自分の大事なものも家に置きっ放しにしていた。もったいないことをした。

 

カバンは戦略行動のための手段だ

洋服ってまあこんなもんか、というところで止まるけどカバンは必要なものが入るものをその都度探した方がいい。カバンや財布はあくまで道具だけど、自分を語る道具だ。

自分のお気に入りのものが揃った部屋から、自分の行きたいところに行くための一線級の道具を選びとって、自分と道具を運ぶ手段だ。

そこに必要なのはコスパじゃなくて、一線級の道具を運ぶための手段としてベストかどうかということだと思う。だから状況に応じたカバンを持つことは重要だと思っている。

ビジネスリュックならTHE NORTH FACEをおすすめしたい

ビジネスリュックにおすすめしたい、最近のTHE NORTH FACEは自立式のリュックを提供している。アクセスパックは価格が高いけど、機能は充実していて申し分ないものだ。文句なしにおすすめしたいけど、価格が高いのはコスパ重視の人には向かないと思う。

[ザ・ノース・フェイス] リュック Access Pack 22 NM71751 K ブラック
 

同じくTHE NORTH FACEのKabanはアクセスパックの廉価版と言っていいと思う。機能面ではアクセスパックに譲るけど、価格面ではほぼ半額というメリットは非常に大きい。あまりお金をかけたくはないけど、自立式のビジネスユースに耐えるリュックを探している人にはこれだと思う。

[ザ・ノース・フェイス] リュック Kaban NM81759 K ブラック

[ザ・ノース・フェイス] リュック Kaban NM81759 K ブラック

 

ちなみに僕がリュックを探していた時はうえの二つがなかったので、アークテリクスというメーカーのBLADE24というリュックを購入して使っている。これはメインエントリーが横からアクセスできる自立式のリュックだ。いまでは逆に入手しにくいモデルになってしまったけど、これもかなり重宝している。

アークテリックス BLADE 24 グレー【Mens】【Ladies】

アークテリックス BLADE 24 グレー【Mens】【Ladies】

 

キャリーバッグは無印良品がおすすめ

あまり出番はないけど、収納時はコンパクトになるキャリーバッグは無印良品のものがおすすめだ。 日本人はハードケースを好む傾向があるけど、布でできているものは融通が効くので僕は結構好きだ。ラフに扱っても凹んだりすることもないからね。