読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画廊のとなり

画廊のとなりに住んでいる僕が、知りたいこと、知っておどろいたこと、知ってることをいろいろまとめていくブログ。

セルフレームが白っぽくなった!メガネのメンテナンスにおすすめの道具2つ!

tips indoor

f:id:minisorari:20170101144322p:plain

 

すこし前のエントリーにも書きましたが、僕には愛用のメガネがあります。オリバーゴールドスミスのCONSUL-Sです。とっても気に入って使っていますが、奮発して買ったわけではなく、友だちが勢いで買って失敗したものを格安で引き取ったもので、あとで正価を知って目玉が飛び出ました。材質はセルロイドでできています。

 

iroiroshiritai.hatenablog.com

 

この記事でも書いたようにかなりのお気に入りメガネです。 しかし、セルロイドアセテートなどのプラスチック系フレームのメガネを長期間使用していると、メガネフレームの表面に白っぽい汚れ(くすみ?)が浮き出てくることがあります。

しかも、一度浮き出てしまうと大抵メガネ拭きでは落ちません。

(それが長年愛用するための壁でもあったわけですが、セルロイドアセテートは綺麗に磨くことができれば輝きを取り戻すこともできる素材のはず…)

 

 お気に入りのフレームをずっと使いたい 

メガネは一番見られるファッションアイテムでもありますし、せっかく気に入っているので、できればピカピカにしておきたいものです。でも、長く使っていれば傷や汚れはなおさら気になってきます。

 

白っぽい汚れやくすみの原因は"アブラ"

 一番の対策は毎日フレームについたアブラを取ってあげることではあるのですが、それを言っちゃうと「今白くなってるセルフレームはどうするんだ?」と元も子もないのでやめておきましょう。。

 

調べてみると、白っぽい汚れやくすみは、小さな傷に皮脂や整髪料が付着したり、汗などによっておこる劣化が原因であることがわかりました。

(※ほとんどは皮脂や整髪料の付着が原因で、2・3年使っているだけならすぐに落ちます)

しかも、メガネ店によくある超音波の洗浄機にかけると場合によってはフレーム内部に入った皮脂が浮き上がってきてくすみが悪化することもあるようで、最終的にはフレーム磨き、もしくは研磨が一番の対策のようです。

 

通常、メガネ屋さんでのサービスには磨きのサービスがないことがほとんどで、自力で解決する必要があります。

ネットで調べるとバフがけしているプロっぽい方からホームセンターで買えるコンパウンド剤で磨いているDO IT YOURSELFな方までいます。

素人判断ではフレームへの影響が心配だ、という方にはちょっと値は張りますが、DJUALの専用商品をオススメします。 

 

DJUAL (デュアル) セルロイドアセテート ポリッシングクリーム 

ちなみにDJUALは日本のアイウェアブランド。ポリッシュなので基本的には研磨剤です。ロングライフデザインが叫ばれて久しいですが、昔からあるセルフレームユーザーの悩みに寄り添った新しい視点の商品とも言えるかもしれません。 

セルロイドを知り尽くしたアイウェアブランド「DJUAL(デュアル)」が作ったセルロイドアセテート用のメンテナンスクリーム。

天然素材であるセルロイドや柔らかいアセテートフレームのために特別に配合された、専用のクリームです。

超微粒子の研磨剤が表面の汚れを落とし、フレームに付いた小さな傷を除去し、本来の輝きを取り戻します。

セルロイドアセテートのフレームは使いこんでいくうちに小さなキズや汚れでくすみが出てきます。しかし磨くと輝きがよみがえる素材のため、メンテナンスしていただくことでいつまでもその輝きを楽しむことができます。

靴やレザーをお手入れするように、メガネも手を掛けてあげることで愛着をもって、長く使って欲しい。そんな思いで作られたポリッシングクリームです。

 

 しかし、この商品。出番の割にはお高いんですよね。研磨剤なんてそうそう頻繁に使うものでもないし。だから似たような特性のものを探してみたら家にもありました。

そして実際使ってみたら良かったので、うーん高いなあ、という人にはこちらをお勧めして終わりにしたいと思います。

 

メガネフレームの汚れ落としにはピカールをオススメする

ピカール液 500g

ピカール液 500g

 

 

ピカール」は日本磨料工業株式会社が製造・販売している乳液状の金属磨き。

その性能と汎用性の高さから工業高校等ではピカール=磨くことと同義となっているほどのモンスター商品です。ちなみに日本磨料工業のURLもピカールwww.pikal.co.jp)。

クリーム状の見た目をしており、乾いた布に適量取り、金属面を磨きます。

するとなんということでしょう!光沢を失った金属面が輝きを取りもどし、鏡のような外見を取り戻しました!…というビフォーアフター的体験をしたので超オススメです。(雨ざらしにしていた自転車やドアノブもピカピカにできる汎用性の高さがオススメ。)

 

このピカール、研磨剤としては仕上げに使われる番手ほどの細かさなので、削る能力としてはさほど高くありません、いわば仕上げ磨き用のポリッシャー。そのため、そこそこ汚れが目立つようになっている場合、磨く時にかなり根気よく磨きをかけてあげる必要があります。

成分の1割程度は灯油なので、脱脂にも向いています。でも繰り返すようですが、アイウェア専用ではないので、 不安な人はDJUALの専用商品を買ってくださいね。

 

 今日も「画廊のとなり」を見に来てくれてありがとうございます。

手入れするって、ものを大事にしている感じがしていいよね、と思うのです。