読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画廊のとなり

画廊のとなりに住んでいる僕が、知りたいこと、知っておどろいたこと、知ってることをいろいろまとめていくブログ。

ブログ=資産という考え方について

僕は、広くひろーく捉えると、いわゆるブロガー?の部類に入ると思う。ブログにはアドセンス広告を入れてるし、おすすめだなあ、と思うものはこのブログでもオススメしてるし。この前、500円くらいのクーポンとかもらっちゃったし。わーい!

 

資産=お金持ちというイメージ

資産っていうと僕的に一番わかりやすいのは家。だから資産ってやっぱりモノがあってこその価値、という印象が強い。でも有形資産、無形資産なんて言葉もあるようで、

 

 無形資産

例えば特許商標権著作権などといった知的資産、従業員の持つ技術能力などの人的資産、企業文化や経営管理プロセスなどといったインフラストラクチャ資産が無形資産とされる。

有形資産

反対に現金商品不動産など実態の存在する資産のことは有形資産という。 

そう考えると、ブログは無形資産に当てはまるのかもしれない。考えてみれば資産があったとしても、必ずしもお金持ちってわけではないし。でも、ブログ=資産かどうかは保留かな。

 

金持ちにはなれないとわかって開いたブログ

お金持ちにはなりたいよね。でも、お金持ちって何してるかわかんないよね、とは思ってた。ずっとね。社長とか言われても、すごいのはわかった、でも何やってる人?と思ってた。

お金持ちの考え方における資産と負債の考え方は、「それがお金を生み出すかどうか」で判断するからです。

www.goodbyebluethursday.com

へー、まあ車とかも償却済んじゃえば維持費のカタマリだもんね。

…まてよ?ってことはやはり、この500円のAmazonのクーポン券を生んだブログって資産って考えても良いのか?と思った。メンテナンス必要なこととか含めると戸建っぽい。

 

不労所得についてストーリー仕立てで書いたベストセラー

ちなみに、金持ち父さん貧乏父さんとは、「金持ち」とAmazonで検索すると2番目くらいに出てくるベストセラー本。自分が知っていることを、わかりやすく噛み砕いて説明する、という点では非常に成功している本ではあると思うけど、いわゆるハウツー本ではありませんから、これで働かなくてもお金が手に入る、人生イージーモード!という本ではありません。ちなみにちなみに、この「金持ち父さん」は商標登録されているようで、この本を書いた人しか使えない様子。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

投資って、資産ってこういう考え方なんですよ、お金持ちはね、という書き方があまり好きではなかった。でも、投資を勧める本って、すべからく捉え方を変えればチャンスに変えられるんです!みたいなところがあって面白い。肝腎の捉えたチャンスをどうすれば生かせるかについては触れない。行動をするかどうか、はあなた次第みたいな。当たり前だね。

 

ちなみにブログ界隈でも、実行してきたこと系のエントリーはあんまり当てにならない。ヒットしたコンテンツはそういうコンテンツがなかったからウケた。しかし、その人が実行してしまい、さらに実行してきたことはもう書かれてしまって、もう同じやり方では通用しなくなってしまうから。

まあ、成功者のマネはみんなするが、そのマネした記事も、ほかの記事と齟齬がないか調べたときの裏付け程度のポジションになってしまうのが関の山だ。こわい。

 

参考リンク

無形資産 - Wikipedia

こんな記事も書いてます

iroiroshiritai.hatenablog.com

iroiroshiritai.hatenablog.com

iroiroshiritai.hatenablog.com